企業理念の具体例


企業理念を策定するに際しては、実際に他社が公表している企業理念を参考にするのがオススメです。一から独力で作るよりも、企業理念をどう作るべきかイメージしやすくなるからです。

今回は、「楽天株式会社」、「トヨタ自動車」の2社の企業理念について、概要や特徴を分かりやすく解説します。

楽天株式会社の企業理念

楽天株式会社は、金融や旅行、ECサイトなど、消費者の身近な生活に関わる分野で多角的に事業を行う企業です。

企業理念の内容

楽天では、企業理念として「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」というものを掲げています。

イノベーションとは、既存のものとはまったく異なるアイデアや技術などを生み出すことを意味します。エンパワーメントとは、「元気を与える」とか「権限を与える」などの意味を持つ英単語です。

つまり楽天の企業理念は、「革新的なアイデアや技術を生み出すことで、人々に元気や権限(≒新しい活躍の機会)を与える」と言い換えることができるでしょう。

楽天株式会社の企業理念のページ

同社の企業理念が持つ特徴

楽天の企業理念に関して、もっとも注目すべき特徴は「イノベーション」という文言が使われている点です。

楽天といえば、ECサイトや旅行、クレジットカード、銀行、電子書籍など、あらゆる分野のサービスを自社内のみで完結させる「楽天経済圏」という独自のビジネスモデルを確立しています。楽天経済圏ができたことで、ユーザーは各サービスを別々の企業から受ける場合と比べて、よりお得かつ手軽にサービスを受けることが可能となりました。楽天経済圏は消費者にまったく新しい価値を提供した点でイノベーションと言えます。企業理念にしたがって「イノベーション」を実現している点で、同社の企業理念は実際のビジネスでも機能していると言えます。

もう一つ注目すべきは、「イノベーション」や「エンパワーメント」といった英語が企業理念に多く含まれている点です。自らを「グローバル イノベーション カンパニー」と称するように、楽天は国内でも有数の多国籍企業です。海外市場への展開はもちろん、外国人社員が多く在籍していたり、公用語を英語にしている点からも明らかです。そうした事情を踏まえて、日本人のみならず外国人の社員や取引先等にも企業理念が浸透するように、あえて英語を使っていると考えられます。もしくは、社員一人ひとりにグローバル企業で働く自覚を持たせる目的で、あえて英語を多用しているとも推測できるでしょう。

トヨタ自動車の企業理念

トヨタは、国内最大手の自動車メーカーであり、日本を代表する企業の一社です。

企業理念の内容

トヨタでは、下記7つの基本理念(企業理念)を掲げています。※理解しやすいように、一部言い換えています。

  1. 国内外の法律およびその精神を遵守し、オープンで公平な企業活動を通じて、国際社会から信頼される企業市民をめざす
  2. 各国および各地域の文化、慣習を尊重し、地域に根ざした企業活動を通じて、経済・社会の発展に貢献する
  3. クリーンで安全な商品の提供を使命とし、あらゆる企業活動を通じて、住みやすい地球と豊かな社会づくりに取り組む
  4. 各分野での最先端技術の研究と開発に努め、世界中のお客様のご要望にお応えできるような、魅力あふれる商品・サービスを提供する
  5. 労使相互信頼・責任を基本に、個人の創造力とチームワークの強みを最大限に高める企業風土を作る
  6. グローバルで革新的な経営により、社会との調和ある成長を目指す
  7. 開かれた取引関係を基本に、互いに研究と創造に努め、長期的かつ安定的な成長と共存共栄を実現する

トヨタ自動車株式会社の企業理念のページ

同社の企業理念が持つ特徴

トヨタの企業理念が持つ最大の特徴は、グローバル企業としての自覚が顕著に表れている点です。

7つある企業理念の中身を見てみると、「国際社会」や「各国および各地域の文化」、「住みやすい地球」、「グローバルで革新的な経営」などと、世界を意識した表現が数多く使われています。企業理念はもっとも大切にする考え方を表すことを踏まえると、トヨタはグローバル規模での事業展開を重視している点が見て取れるでしょう。企業理念にグローバル志向を明記しているからこそ、国によって異なるニーズや文化の違いを踏まえつつ、難しいと言われる海外進出に成功していると考えられます。

また、トヨタの企業理念を確認すると、「社会の発展に貢献」や「豊かな社会づくり」、「社会との調和ある成長」などと、社会全般に関する記述が目立ちます。この事実を踏まえると、社会への貢献を実現しつつ自社の利益を追求する姿勢が見て取れます。

「グローバル企業としての自覚」や「社会に関する記述が多い」ことから、日本を代表する大手企業ならではの企業理念と言えるでしょう。

まとめ

会社によって企業理念は多種多様であり、各企業の信念や価値基準が明確に表れています。事業内容や戦略とも関連していることからも、企業理念の重要性が理解できるでしょう。

その他の企業の企業理念を見にいく

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。