山崎製パン株式会社の社是・経営理念・企業理念

社是・経営理念・企業理念

経営基本方針綱領、経営方針

経営基本方針
綱領
(1) わが社は、企業経営を通じて社会の進展と文化の向上に寄与することを使命とし、個人の尊厳と自由平等の原理に基づき、いのちの道の教えの言葉に従い、困難に屈することのない勇気と忍耐とによって、神のみこころにかなう永続する事業の実現を期すこと。

(2) われわれは、常に良きものへ向って絶えず進歩しつづけるため、各人が自由な決心に基づき、正しき道につき、断固として実行し、自主独立の協力体制を作り、もって使命達成に邁進すること。

具体方針
 21世紀のヤマザキは、新しいヤマザキの精神と新しいヤマザキの使命に導かれて、いのちの道の教えの言葉に従い、すべての仕事を種蒔きの仕事から開始する「部門別製品施策・営業戦略」、「小委員会によるなぜなぜ改善」を行ない、次の六つの具体方針の実践、実行、実証に邁進する。

① 最高の品質と最善のサービス(今日到達しうるベストクオリティー・ベストサービスの実践、実行、実証)を目標とし、品質は今到達しうる最高のものであり、新鮮であること。 それは製品、組織、仕事、工場、財産並びに設備のなかに表わさるべきこと。

② 充実した効率のよい積極的な組織体を作りあげ、そして維持拡充していくため、あらゆる可能の努力を注ぐこと。 その組織体の人々は、会社を信頼し、仕事が喜びであり、普通ではできない仕事を完遂することが個人的な願望にまでなっていること。

③ 入手できる限りの、事業に独特な要求に適合した最善の設備と施設を備えること。 この設備や施設の調達は、維持運営が経済的であることと会社の組織に最も仕事をしやすい道具を与えるという二つの観点から考えられること。

④ 産業界と一般社会との間に協力関係を創り出し、維持していくため、実行可能な一切のことを行なっていくこと。

⑤ 業務の遂行に関するすべての決定を行なうにあたって、常にその一件を処理する上での便宜よりも、事業全体にとって何が正しいか、何が最善であるかを中心に考えること。

⑥ 顧客に接するときは、常に公明正大で、かつ相手が何を欲しているかを充分に考慮すること。 配達や品質やサービスについては、その成果が最優秀なものになるように努力すること。

経営方針
 当社は、21世紀の事業環境と社会の変化に対応するため、「企業経営を通じて社会の進展と文化の向上に寄与することを使命とし、自主独立の協力体制を作り、もって使命達成に邁進する」という顧客本位の精神で、潜在需要に着目しイノベーション(技術革新)によって需要を創造するという、前向き積極的なピーター・ドラッカー博士の経営理論に導かれる山崎製パン株式会社の「経営基本方針(綱領および具体方針)」を改めて高く掲げると同時に、これを補完するものとして、「日々、お取引先からご注文いただいた品は、どんな試練や困難に出会うことがあっても、良品廉価・顧客本位の精神でその品を製造し、お取引先を通してお客様に提供する」という、新しいヤマザキの精神に導かれ、科学的根拠の上に立った食品安全衛生管理体制の上に築き上げる科学的・合理的・効率的な事業経営手法として、生命の道の教えに従ったすべての仕事を種蒔きの仕事から開始する部門別製品施策・営業戦略、小委員会による「なぜなぜ改善」を実践、実行、実証することで、新しい価値と新しい需要を創造し、社会の負託に応え社業を前進させることを21世紀のヤマザキの経営方針といたします。

 事業経営の具体的遂行に当たっては、経営陣、管理職は、本物の5S・全員参加の5Sとピーター・ドラッカー博士の5つの質問を連動させる「2本立ての5S」を行うとともに、生命の道の教えに従った部門別製品施策・営業戦略をピーター・ドラッカー博士の5つの質問と連動させ、「私たちの使命は何ですか」(What is our mission?)と問うだけでなく「私の使命は何ですか」(What is my mission? )と問い、生産部門・営業部門一体となった業務を推進するとともに、内部管理体制を充実・強化して、各部門毎の自主独立の協力体制を構築いたします。また、「良品廉価・顧客本位の精神で品質と製品、サービスをもって世に問う」というヤマザキの精神と「知恵と知識によって変化に挑戦し、新しい価値と新しい需要を創造する」という生命の道を導く言葉によって日々の仕事の実践、実行、実証に励み、業績の着実な向上を期してまいります。

https://www.yamazakipan.co.jp/company/policy/index.html

ご意見・ご感想

僕はヤマザキさんのスイーツをいつもいただいてるんですが、季節によって味や形を変えたり、毎月のように新商品が出てきて、その新商品が常に手に取りたくなるようなもののことが多いので、『潜在需要に着目しイノベーション(技術革新)によって需要を創造する』という企業方針に合致するものだなと感じました。

(ライオン風アラビアータさん・20代・男性)

「常に良きものへ向って進歩する」という経営方針は、日々新しい食品を生み出し提供してくれる山崎製パンらしい言葉です。どこの店舗でも山崎製パンの製品を見かけないことはないくらい我々にとってなじみのある企業です。今後もいのちの道の教えに従い、正しく信頼できる製品を産み続けてくれることでしょう。

(ルルさん・20代・男性)

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称

山崎製パン株式会社

本社所在地

〒101-0032東京都千代田区岩本町3丁目10番1号

代表

飯島延浩

設立

2011年06月

従業員数

38541人

事業内容

パン・和洋菓子の製造及び販売

法人登録番号

4010001008806

売り上げ

1兆594億4200万円

当期純利益

135億3400万円

決算日

2018年12月

URL

https://www.yamazakipan.co.jp/

業種・業界タグ

メーカー  食料品  メーカーその他 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2017年12月期
公表日:2019-02-14
2018年12月期
公表日:2020-02-14
2019年12月期
公表日:2020-02-14
売上高 1兆531億6400万円 1兆594億4200万円 1兆611億5200万円
営業利益 300億8700万円 243億4300万円 248億2400万円
経常利益 321億4300万円 266億2900万円 276億2100万円
純利益 251億600万円 135億3400万円 138億5800万円
純資産又は株主資本 3457億4200万円 3425億5300万円 3584億1600万円
総資産 7473億2200万円 7288億7800万円 7281億4900万円
営業CF 566億6300万円 499億4700万円 578億8000万円
投資CF -339億8000万円 -490億500万円 -421億7300万円
財務CF 21億4200万円 -237億800万円 -184億6600万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。