ブックオフグループホールディングス株式会社の社是・経営理念・企業理念

経営理念

事業活動を通じての社会への貢献
全従業員の物心両面の幸福の追求

ブックオフグループは、経営理念として『事業活動を通じての社会への貢献』と『全従業員の物心両面の幸福の追求』を掲げ、「本」の買取・販売からスタートして店舗を全国展開し、様々なモノのリユースにチャレンジして参りました。

私たちの強さは長年培ってきたブランド、店舗網、そして人財です。
これからのブックオフグループは「多くの人に楽しく豊かな生活を提供すること」を使命と考え、「本」を中核としたリユースのリーディングカンパニーとして様々なモノのリユースを通じてたくさんのお客様の生活を楽しく豊かにすること、そして、その事業活動を担う私たち一人ひとりが成長し、会社が持続可能な成長を続けることで経営理念を実現します。

ミッション、ビジョン

ミッション
多くの人に楽しく
豊かな生活を提供する

会社の成長
5年後10年後に、世の中が必要とする企業であり続けること

個人の成長
知力と人間力を備え、自立した個人が自由を得て、連立していくこと

ビジョン
リユースの
リーディングカンパニー
(最も多くの人が利用するチェーン)

自信と情熱を持って
安心して働き、
成長できる会社になる

行動指針

経営理念を実現し、ブックオフグループと私たち個人の成長を促進するための指針として、「6つの精進」があります。

1. 誰にも負けない努力をする
2. 謙虚にして驕らず
3. 毎日の反省
4. 生きていることに感謝する
5. 善行、利他行を積む
6. 感性的な悩みをしない

https://www.bookoffgroup.co.jp/corporate/philosophy.html

ご意見・ご感想

リユースの会社らしく「多くの人に楽しく豊かな生活を提供すること」が使命とありました。確かに新品でなくてもリユースで十分よいものがあります。それは、私たちの生活を豊かにしてくれることにつながっていきます。

(にいのさん・40代・女性)

かつて古本屋と言えば、小さな店舗で不愛想な店主といったイメージを持っていたが、その自分のイメージを壊したのがブックオフであった。品ぞろえも豊富で接客もよく、リユース市場を盛り上げている。経営理念である「事業活動を通じての社会への貢献」が実を結んでいると思う。また従業員は財産であるとし、会社の強みとして「人財」を挙げているところがいい。パートアルバイトスタッフからの正社員登用も多いと聞く。

(会津さん・50代・女性)

モノのリユースによって社会への貢献が出来、企業としても成長出来ることはとても良いことだと感じます。私自身もこれまでもこちらの企業店舗を利用させてもらい満足感を得ることが出来ています。利用者がリユースを行えると考えるとこのような企業がもっと増えて欲しいと感じます。

(エマさん・30代・女性)

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称 ブックオフグループホールディングス株式会社
本社所在地 〒252-0344神奈川県相模原市南区古淵2丁目14番20号
代表 堀内康隆
設立 2018年10月
従業員数
事業内容
法人登録番号 4021001065745
売り上げ 807億9600万円
当期純利益 21億7200万円
決算日
URL https://www.bookoffgroup.co.jp
業種・業界タグ 小売 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-05-08
2019年3月期
公表日:2020-05-29
2020年3月期
公表日:2020-05-29
売上高 800億4900万円 807億9600万円 843億8900万円
営業利益 6億1300万円 15億5000万円 14億2800万円
経常利益 10億9200万円 21億2000万円 18億9800万円
純利益 -8億8900万円 21億7200万円 2億4000万円
純資産又は株主資本 130億600万円 128億4800万円
総資産 406億4700万円 415億3500万円
営業CF 27億5100万円 35億4300万円
投資CF -5億5900万円 -27億4400万円
財務CF -98億9500万円 -8億3200万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。