東日本旅客鉄道株式会社の社是・企業理念・SDG'sの取組み

社是・経営理念・企業理念

経営理念

日本の大動脈と社会基盤の発展に貢献する

行動指針

「安全」最優先の行動
「信頼されるサービス」の実践
「進化と飛躍」への挑戦
「能力と技術」の更なる研鑽
「規律ある一体感」の醸成

安全は輸送業務の最大の使命である
安全の確保は規程の遵守及び執務の厳正から始まり不断の修練によって築きあげられる
確認の励行と連絡の徹底は安全の確保に最も大切である
安全の確保のためには職責をこえて一致協力しなければならない
疑わしいときは手落ちなく考えて最も安全と認められるみちを採らなければならない

https://www.jreast.co.jp/company/outline/

ご意見・ご感想

「安全」という言葉が何回も出てくる。安全を1番に考えているという意思が見て取れる。現に、JRの鉄道は安心して乗ることができる。性能も段々よくなっており、事故などの話も聞くことが少なくなってきた。他の鉄道会社よりも優れていると思う。

(ADCTKさん・20代・男性)

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称

東日本旅客鉄道株式会社

本社所在地

〒151-0053東京都渋谷区代々木2丁目2番2号

代表

冨田哲郎

設立

1987年04月

従業員数

57580人

事業内容

旅客鉄道事業をはじめ、旅行業、設備工事業、電気通信事業、旅館業及び飲食店業など多様な事業を展開し、グループ会社、パートナー会社と一体となり、質の高いサービス、安全を提供しています。

法人登録番号

9011001029597

売り上げ

3兆20億4300万円

当期純利益

2952億1600万円

決算日

2019年03月

URL

http://www.jreast.co.jp

業種・業界タグ

運輸・倉庫関連  運輸・倉庫関連その他 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-04-25
2019年3月期
公表日:2020-04-28
2020年3月期
公表日:2020-09-16
売上高 2兆9501億5600万円 3兆20億4300万円 2兆9466億3900万円
営業利益 4812億9500万円 4848億6000万円 3808億4100万円
経常利益 4399億6900万円 4432億6700万円 3395億2500万円
純利益 2889億5700万円 2952億1600万円 1984億2800万円
純資産又は株主資本 2兆8845億5200万円 3兆943億7800万円
総資産 8兆1476億7600万円 8兆3596億7600万円
営業CF 7041億9400万円 6638億100万円
投資CF -5418億5700万円 -5944億2500万円
財務CF -1351億円 -1206億9300万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。

SDG'sへの取り組み

SDG's icon No1 SDG's icon No2 SDG's icon No3 SDG's icon No4 SDG's icon No5 SDG's icon No6 SDG's icon No7 SDG's icon No8 SDG's icon No9 SDG's icon No10 SDG's icon No11 SDG's icon No12 SDG's icon No13 SDG's icon No14 SDG's icon No15 SDG's icon No16 SDG's icon No17

SDGsの達成に向けて

JR東日本グループは、ESG経営を実践し、事業を通じて社会的な課題を解決することで、地域社会の発展と国際目標「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に取り組みます。
具体的には、「安全」が経営のトッププライオリティであることをグループ共通の理念として掲げ、すべての事業の基盤であるステークホルダーの皆さまからの「信頼」を高めるとともに、「ヒト(すべての人)の生活における『豊かさ』を起点とした社会への新たな価値の提供」に向け日々の挑戦を続けていくことで、「持続可能な社会」とグループの持続的な成長を実現していきます。
「変革2027」で創造する価値を通じて、SDGsに掲げられた17の目標について、特に私たちJR東日本グループの強みを活かせる「9.産業と技術革新の基盤をつくろう」「11.住み続けられるまちづくりを」のほか、「7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「8.働きがいも 経済成長も」や「5.ジェンダー平等を実現しよう」「12.つくる責任 つかう責任」「17.パートナーシップで目標を達成しよう」などの実現に力を注いでいきます。

データの取得日:2021年6月

webクロールに基づく情報の為、内容が正確でない場合があります。
削除・修正依頼はお問い合わせフォームからお知らせください。