セコム株式会社の社是・経営理念・企業理念

ビジョンセコムは、1989年に「社会システム産業」の構築をめざすことを宣言し、その実現に向かって邁進しています。「社会システム産業」とは、社会で暮らすうえで、より「安全・安心」で、「快適・便利」なシステムやサービスを創造し、それらを統合・融合させ、社会になくてはならない新しい社会システムとして提供するものです。

セコムの事業領域は、セキュリティ、防災、メディカル、保険、地理空間情報サービス、BPO・ICT、不動産事業と多岐にわたり、海外にも積極的に進出し、事業を展開しています。

「社会システム産業」を構築するために、これらの事業のサービスを複合的に組み合わせたセコムならではのシステムやサービスの開発・提供に取り組み、いつでも、どこでも誰もが「安全・安心」で「快適・便利」に暮らせる社会の実現をめざしています。セコムグループ2030年ビジョン

セコムは2017年5月、2030年に向けた長期ビジョン「セコムグループ2030年ビジョ ン」を策定しました。

「社会システム産業」の構築をめざし邁進する中で、外部環境が大きく変化し、不確実性の増す今日において、2030年を一つのターゲットとして、これからのセコムグループの方向性をより明確にすることで、これまで以上に、社員に「誇り」を、お客様に「信頼感」を、そして全てのステークホルダーにセコムの「将来性」を感じていただきたいという思いを込めています。

「あんしんプラットフォーム」構想の実現により、変わりゆく社会に、変わらぬ安心を。
これまでのセコムが培ってきた社会とのつながりをベースに、セコムと想いを共にするパートナーが参加して様々な技術や知識を持ち寄り、セコムとともに暮らしや社会に安心を提供する社会インフラが「あんしんプラットフォーム」です。

セコムはこの「あんしんプラットフォーム」を通して、きめ細やかな切れ目のない安心を提供していきます。

https://www.secom.co.jp/corporate/vision/

運営憲法
セコムは社業を通じ、社会に貢献する。
それゆえにセコムは、社会にとって有用不可欠な企業体でなければならない。セコムは、社会の利益に反したり、社会の利益にならない事業を決して行わないことはもちろん、すべての企業行動について、反社会的な行動をしてはならない。
セコムは、社会に貢献する事業を発掘、実現しつづける責任と使命を有する。
その発掘のため、常に社会の事象、社会の方向を凝視し、敏感でなければならない。実現にあたっては、あくなき可能性を追求し、いかなる困難も乗り越える旺盛な革新と実現へのエネルギーを有すること。
額に汗し、努力の結果以外の利益は、受けない。
社会は一人ひとりの人間によって構成される。セコムも同様に一人ひとりの社員によって構成される組織体である。いうまでもなく、一番重要なことは、社員一人ひとりが、活き活きと価値ある人生を送ることである。セコムの組織内にあってはもちろんであるが、組織外であっても、人間尊重が基本であり、いかなる場合においても、いささかも人間の尊厳を傷つけてはならない。
セコムは他企業、他組織を誹謗してはならない。
それが競合する組織体であっても同様である。競争は正々堂々とセコムらしく行うべきである。
すべてのことに関して、セコムの判断の尺度は、「正しいかどうか」と「公正であるかどうか」である。
セコムは、常に革新的でありつづける。
そのため、否定の精神、現状打破の精神を持ちつづけ絶やさない。
セコムは、すべてに関して礼節を重んずる。
セコムは、その時々の風潮に溺れず、流されず、常に原理原則に立脚し、凛然と事を決する。
セコムの社員は、いかなることに関しても、自らの立場、職責を利用した言動をしてはならない。

要諦
セコムは、安全文化を創造する。
セコムは、常に新しく革新的である。
セコムは、自らの手で自らを変化させ、誰もが変革の担い手である。
セコムは、よく考える集中力と、より早く行動する習慣を育む。
セコムは、強靭な意思と明快なシステム思考を重視する。
セコムは、妥協を排し、正しさを追求する。
セコムは、最高の安全を提供する。
セコムは、顧客に心の平和を与える。
セコムは、プロフェッショナルであることを真価とする。
セコムは、可能性に挑戦する。

ご意見・ご感想・削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称 セコム株式会社
本社所在地 〒150-0001東京都渋谷区神宮前1丁目5番1号
代表 中山泰男
設立 1923年04月
従業員数 15403人
事業内容
法人登録番号 6011001035920
売り上げ 1兆138億2300万円
当期純利益 920億900万円
決算日 2019年03月
URL http://www.secom.co.jp/
業種・業界タグ 建設 

本データは2020年のデータを元に生成しております。