スズデン株式会社の社是・経営理念・企業理念

社是

誠実

経営基本方針

社会的責任
国・地方自治体への納税を基本とし、かつ世界の将来を担う世代や教育機関を対象とした継続的な寄付と、地域社会や災害復興を目的とした寄付を行ってまいります。

投資家の皆様
安定配当として純資産配当率(DOE):3%の配当総額に、業績連動配当として配当性向:50%の配当総額を加えた値を配当総額の基準として、各事業年度の利益状況や将来の事業展開等を総合的に勘案し、配当を行います。
ただし、2期連続して親会社株主に帰属する当期純利益に赤字が見込まれる場合は、見直しする場合があります。 (注)純資産配当率(DOE)=配当総額÷純資産×100

お客様
お客様が望む商品・ソリューションを的確に提案し、商品品質・サービス品質を向上させるとともに、お客様の多様なニーズに適切かつ迅速にお応えし、お客様の満足度を高めてまいります。

社員
社憲「私たち一人ひとりのはたらきで 心豊かな暮らしをつくり出し 喜びあえる未来にしよう」を共有し、社員は自己の能力を最大限に発揮し、会社は個人を尊重して働きがいのある場を提供し、会社も個人も共に成長できる経営を行ってまいります。

共育
お客様の満足度を高めるため、社員一人ひとりに適切な教育・訓練及び経験の機会を提供し「共に育つ」を教育理念としてまいります。

地域社会
循環型社会構築に向け地域社会との融和を図り、企業市民として順法・地球環境の向上・安全を基本として活動してまいります。 活動を具体化するため、環境方針を定め行動します。

社憲、社訓

社憲
私たち一人ひとりのはたらきで
心豊かな暮らしをつくり出し
喜びあえる未来にしよう

社訓
仕事に自信と誇りを
職場に信頼と夢を
仕事に創意と工夫を
奉仕に感謝と真心を
仕事に努力と根性を

https://www.suzuden.co.jp/corporate/philosophy/

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称 スズデン株式会社
本社所在地 〒108-0023東京都港区芝浦3丁目4番1号
代表 酒井篤史
設立 1952年12月
従業員数
事業内容
法人登録番号 1010001003966
売り上げ 480億4000万円
当期純利益 13億3400万円
決算日 2019年03月
URL https://www.suzuden.co.jp/
業種・業界タグ 商社 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-05-10
2019年3月期
公表日:2020-05-27
2020年3月期
公表日:2020-05-27
売上高 497億8200万円 480億4000万円 445億6000万円
営業利益 17億3500万円 15億9100万円 13億7900万円
経常利益 20億500万円 18億2600万円 16億2500万円
純利益 13億900万円 13億3400万円 10億7200万円
純資産又は株主資本 166億4100万円 170億9300万円 163億8500万円
総資産 298億2700万円 282億6600万円 267億6500万円
営業CF 13億9700万円 17億3800万円 10億3600万円
投資CF -9300万円 11億100万円 13億900万円
財務CF -8億6800万円 -12億6700万円 -30億4300万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。

SDG'sへの取り組み

SDG's icon No7 SDG's icon No9 SDG's icon No13

事業活動を通したSDGs

■制御機器、ロボット等による省力化への貢献
⇒制御機器やロボット等を導入いただくことにより、お客様の「もの造り」の生産性を向上し、
社会の労働力不足の解消に貢献していきます。

■環境配慮型商品によるエネルギー消費の抑制
⇒環境にやさしい商品を導入いただくことにより、お客様の製造現場におけるCO₂排出および電力等のエネルギー消費の抑制に貢献していきます。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No12 SDG's icon No13 SDG's icon No14

一人ひとりのSDGs

■「マイカップ・マイボトル・マイバッグ」の推進
⇒ペットボトルの原料となるプラスチックは、地球温暖化や海洋資源への影響など環境破壊につながる世界的な問題になっています。

当社では、各部署のSDGs推進リーダーが中心となり「マイカップ・マイボトル・マイバック」の使用を推奨し、当社で働く全員でペットボトル使用量削減による地球環境保護に取り組んでいきます。

データの取得日:2021年6月

webクロールに基づく情報の為、内容が正確でない場合があります。
削除・修正依頼はお問い合わせフォームからお知らせください。