東レ株式会社の社是・企業理念・SDG'sの取組み

社是・経営理念・企業理念

理念、企業理念

理念
東レグループは、1926年の創業以来、「企業は社会の公器であり、その事業を通じて社会に貢献する」との経営思想の下、社会から尊敬される企業体として存在することを目指してきました。1955年にはこの考え方を初めて明文化した「社是」を制定し、創立60周年を迎えた1986年には「企業理念」を最上位とする「経営理念体系」を整備しました。この経営理念は一部改定しながら受け継がれており、2020年5月に長期経営ビジョン“TORAY VISION 2030”の発表に合わせて「東レ理念」として創業以来の考え方を改めて体系化しました。

「東レ理念」は、従来の経営理念である「企業理念」「経営基本方針」「企業行動指針」に加え、企業理念を具現化するための企業姿勢を端的に示した「コーポレートスローガン」、東レグループが将来に向けて進む方向性を示した「ビジョン」、これらの考え方の基礎となる創業以来受け継いできた価値観・経営観などの「企業文化」、「経営者の信条」から構成されています。

企業理念
わたしたちは新しい価値の創造を通じて
社会に貢献します

経営基本方針

お客様のために
新しい価値と高い品質の製品とサービスを

社員のために
働きがいと公正な機会を

株主のために
誠実で信頼に応える経営を

社会のために
社会の一員として責任を果たし相互信頼と連携を

ビジョン、信条

ビジョン
東レグループ サステナビリティ・ビジョン
「東レグループ サステナビリティ・ビジョン」は、2050年に向け東レグループが目指す世界とその実現に向けて東レグループが取り組む課題を明らかにし、そのマイルストーンとして2030年度に達成を目指す数値目標を示しています。

東レグループの使命は、人口増加、高齢化、気候変動、水不足、資源の枯渇など世界が直面する「発展」と「持続可能性」の両立をめぐる地球規模の課題に対し、革新技術・先端材料の提供によって、本質的なソリューションを提供していくことです。「自らの成長が世界の持続可能性に負の影響を与えない努力を尽くすとともに、全世界のパートナーと共に、パリ協定や国連SDGs(持続可能な開発目標)をはじめとする世界的目標の追求のために、全力を尽くしていくこと」の宣言は、東レグループが将来に向けて進む方向性を示しており、長期経営ビジョン“TORAY VISION 2030”の基礎となるものです。

信条
基本に忠実にあるべき姿を目指してやるべきことをやる

事実を徹底的に洗い出し、現状の問題点とその本質原因、あるべき姿とその実現に向けた課題を明確にすれば、自ずとやるべきことは明確になります。課題解決には、周りを巻き込んで全体をコーディネートして、実行をリードする必要があります。状況の変化に応じて、的確に対応し、スピード感を持って結果を出すことが重要です。

答えは全て現場にある

問題解決において、現状把握、現状分析による事実の整理と徹底した原因究明が重要です。現場をよく見て、本質原因の把握・分析ができれば、自ずと「やるべきこと」が明確になります。

For the Company

企業理念の実現を最優先に考えて行動することが重要です。「世の中、全て正しいことをやっている」という考え方で他者と向き合い、立場や意見が異なる者と徹底的に話し合うことで、個人や組織にとっての「個別最適」ではなく、会社全体・社会全体にとっての「全体最適」を目指して行動すること、また「個別最適」と「全体最適」を一致させる仕組みづくりが重要です。

正しいことを正しくやる、強い心

さまざまなプレッシャーや誘惑に負けそうになるときに、大事なことは誠実(嘘偽りなく正しくあること)であり、真摯(真面目で熱心でひたむきであること)であり、そして自分の決めた道を迷うことなく進む強い覚悟です。それが東レグループの強い心であり、一人ひとりが現場で正しいことを正しくやることで、強い東レグループを築き上げます。

行動指針

安全と環境
安全・防災・環境保全を最優先課題とし
社会と社員の安全と健康を守るとともに持続可能な社会の実現に貢献します

倫理と公正
社会的規範の遵守はもとより、高い倫理観と強い責任感をもって公正に行動し
社会の信頼と期待に応えます

お客様第一
お客様に価値の高いソリューションを提供し
お客様の満足と世界最高水準の品質を追求します

革新と創造
企業活動全般にわたる継続的なイノベーションを図り
ダイナミックな進化と発展を目指します

現場力強化
相互研鑽と自助努力により
企業活動の基盤となる現場力を強化します

連携と共創
グループ内の有機的な連携と外部との戦略的な提携により
新しい価値を創造して社会とともに発展します

人材重視
社員に意欲をもって能力を発揮できる職場環境を提供し
人と組織に活力が溢れる風土をつくります

情報開示
企業情報の適切な開示とステークホルダーとのコミュニケーション促進により
経営の透明性を維持します

人権尊重
良き企業市民として人権尊重の責任を果たします

コーポレートスローガン

Innovation by Chemistry

「Innovation」は、企業理念「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」を革新技術・先端材料の提供を通じて具現化すること、技術の革新のみならず、企業活動の全ての領域で「Innovation」に挑戦していくことを表明しています。

「Chemistry」は、「化学」を核にして先端材料を提供し、お客様、社員、株主、取引先、消費者、地域社会など、東レグループを取り巻く全ての人たちとの良好な関係を保ちながら、新しい価値を創出し持続可能な社会の発展を支えること、東レグループの各企業や世界各国の事業拠点同士が「連携、融合」することを表明しています。

https://www.toray.co.jp/aboutus/philosophy.html

ご意見・ご感想

「東レグループ サステナビリティ・ビジョン」を掲げ、2050年に向けた長期的な方向性を打ち出している。そして、2030年の中間目標として具体的な数値を示しており、持続可能な社会に向けた企業の真摯な姿勢がうかがえる。「企業は社会の公器であり、その事業を通じて社会に貢献する」という経営思想が創業以来見事に受け継がれ、背骨がしっかりした企業であると感じる。

(会津さん・50代・女性)

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称

東レ株式会社

本社所在地

〒103-0022東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号

代表

日覺昭廣

設立

1926年01月

従業員数

11197人

事業内容

ポリエステルフィルム(ルミラー)および、人工皮革(ウルトラスエード)の製造 2G15※

法人登録番号

5010001034867

売り上げ

2兆3888億4800万円

当期純利益

793億7300万円

決算日

2019年03月

URL

http://www.toray.co.jp/

業種・業界タグ

メーカー  繊維 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-05-14
2019年3月期
公表日:2020-05-28
2020年3月期
公表日:2020-05-28
売上高 2兆2048億5800万円 2兆3888億4800万円 2兆2146億3300万円
営業利益 1564億6400万円 1414億6900万円 1311億8600万円
経常利益 1523億500万円 1345億1800万円 1033億5500万円
純利益 959億1500万円 793億7300万円 557億2500万円
純資産又は株主資本 1兆1691億8800万円 1兆2139億4400万円 1兆1795億7200万円
総資産 2兆5759億1000万円 2兆7883億5100万円 2兆6506億8700万円
営業CF 1291億8000万円 1762億3900万円 2257億6700万円
投資CF -1866億8500万円 -2602億4700万円 -1423億6400万円
財務CF 617億7300万円 1188億9100万円 -675億9400万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。

SDG'sへの取り組み

SDG's icon No2 SDG's icon No3 SDG's icon No6 SDG's icon No7 SDG's icon No9 SDG's icon No12 SDG's icon No13 SDG's icon No14 SDG's icon No15

事業を通じた環境問題解決への貢献

グリーンイノベーション製品の売上収益拡大を目指します。
バリューチェーンへの CO₂削減貢献量を拡大します。
水処理貢献量を拡大します。
低炭素・循環型社会の実現を目指し、様々な製品の研究・技術開発を推進していきます。
プラスチック製品のバイオマス活用・リサイクル活動推進、再生可能エネルギー・水素の普及、水資源の再利用等に貢献していきます。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No2 SDG's icon No3 SDG's icon No9 SDG's icon No12 SDG's icon No13

事業を通じた健康・長寿社会実現への貢献

ライフイノベーション製品の売上収益拡大を目指します。
防護服や PPE用部材・製品の供給とその高度化、空気や水などの衛生環境を守るための素材供給を通じて、感染症を含む公衆衛生上のリスク対策に貢献します。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No3 SDG's icon No6 SDG's icon No7 SDG's icon No8 SDG's icon No9 SDG's icon No11 SDG's icon No12 SDG's icon No13 SDG's icon No14 SDG's icon No15

資源・エネルギー問題への対応

GHG排出量売上収益原単位を削減します。
用水使用量売上収益原単位を削減します。
高い廃棄物リサイクル率を目指します。
計画的に再生可能エネルギーの導入を推進します。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No3 SDG's icon No6 SDG's icon No7 SDG's icon No8 SDG's icon No9 SDG's icon No11 SDG's icon No12 SDG's icon No13 SDG's icon No14 SDG's icon No15

温室効果ガスの排出量削減

GHG排出量売上収益原単位を削減します。
高い廃棄物リサイクル率を目指します。
計画的に再生可能エネルギーの導入を推進します。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No3 SDG's icon No6 SDG's icon No7 SDG's icon No8 SDG's icon No9 SDG's icon No11 SDG's icon No12 SDG's icon No13 SDG's icon No14 SDG's icon No15

環境負荷物質への対応

GHG排出量売上収益原単位を削減します。
VOC大気排出量を削減します。
高い廃棄物リサイクル率を目指します。
計画的に再生可能エネルギーの導入を推進します。
PRTR法対象物質の大気排出量低減を推進します。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No16

法令遵守・コンプライアンス

重大な法令・通達違反件数ゼロを目指します。
自由・公正・透明な市場競争に基づく適正な取引を行います。
反社会勢力とは一切関係を遮断し、毅然とした対応を徹底します。
法務内部監査を実施し、監査指摘事項を改善します。
内部通報制度を適切に運用していきます。
「倫理・コンプライアンス行動規範」を周知徹底していきます。
重要法令、その他コンプライアンスに関する情報発信・教育を行います。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No3 SDG's icon No11

安全・防災の推進

重大災害件数ゼロを目指します。
世界最高水準の安全管理レベルを達成します。
従業員の安全と健康を確保し、安全衛生水準の向上を図るため、快適な職場環境の整備に取り組みます。
火災・爆発事故件数ゼロを目指します。
環境事故件数ゼロを目指します。
GHG排出量売上収益原単位を削減します。
用水使用量売上収益原単位を削減します。
VOC大気排出量を削減します。
高い廃棄物リサイクル率を目指します。
計画的に再生可能エネルギーの導入を推進します。
PRTR法対象物質の大気排出量低減を推進します。
各国・地域の規制や周辺環境との調和に配慮し、各拠点の緑化を推進します。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No12

製品の品質と安全の確保

製品事故件数ゼロを目指します。
東レグループ全体の品質保証体制の改善の推進と継続的な維持・向上のための実効性監査の仕組みを構築します。
東レグループ全体で、不正防止機能を付与した品質管理システムの導入を推進します。
各事業において、QA・QC機能全体をカバーする品質保証システムの整備・構築を推進します。
品質保証・製品安全教育を実施します。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No2 SDG's icon No3 SDG's icon No6 SDG's icon No8 SDG's icon No9 SDG's icon No11 SDG's icon No12 SDG's icon No13 SDG's icon No14 SDG's icon No15

水資源管理の取り組み

用水使用量売上収益原単位を削減します。
高い廃棄物リサイクル率を目指します。
水処理貢献量を拡大します。
低炭素・循環型社会の実現を目指し、様々な製品の研究・技術開発を推進していきます。
プラスチック製品のバイオマス活用・リサイクル活動推進、再生可能エネルギー・水素の普及、水資源の再利用等に貢献していきます。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No5 SDG's icon No8 SDG's icon No10 SDG's icon No12

サプライヤーの社会・環境への影響評価

サプライヤーに対して、CSR に関するアンケートや監査の実施、誓約書の締結等のCSR への対応を要請するとともに、各社の CSR への取り組み状況の把握に努めます。
サプライチェーンの人権問題、紛争鉱物等への対応を進めていきます。
物流における CO₂排出量原単位を削減します。
500km 以上の輸送におけるモーダルシフトを推進します。
物流に関わる環境負荷低減と品質向上に継続的に取り組みます。
「ホワイト物流」の自主行動宣言に基づき、働き方改革等に取り組む物流事業者の積極的活用等、持続可能な物流の実現を目指していきます。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No4 SDG's icon No5 SDG's icon No8 SDG's icon No10 SDG's icon No16

人権の尊重

人権教育・研修を実施します。
法定障がい者雇用率を達成します。
東レグループ各社に内部通報・相談窓口を設置し、問題があった場合には迅速かつ適切に対処し、人権リスクの低減につなげるよう努めます。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No4 SDG's icon No5 SDG's icon No8 SDG's icon No10 SDG's icon No16

働きやすい企業風土づくり

基幹人材のキャリア形成の取り組みとして、新人事情報システムを活用した「キャリアシート」を実施します。
海外ナショナルスタッフの基幹人材を計画的に確保、育成、登用していきます。
女性の積極的活用と女性が働きやすい職場環境の整備に取り組んでいきます。
育児休職からの復職をサポートします。
法定外労働時間超過社員数を削減します。
組合員年休取得を促進します。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No4 SDG's icon No5 SDG's icon No8 SDG's icon No10 SDG's icon No16

人材の確保と育成

基幹人材のキャリア形成の取り組みとして、新人事情報システムを活用した「キャリアシート」を実施します。
海外ナショナルスタッフの基幹人材を計画的に確保、育成、登用していきます。
女性の積極的活用と女性が働きやすい職場環境の整備に取り組んでいきます。
育児休職からの復職をサポートします。
法定外労働時間超過社員数を削減します。

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No3 SDG's icon No6 SDG's icon No7 SDG's icon No8 SDG's icon No9 SDG's icon No11 SDG's icon No12 SDG's icon No13 SDG's icon No14 SDG's icon No15

生物多様性の保全

GHG排出量売上収益原単位を削減します。
VOC大気排出量を削減します。
高い廃棄物リサイクル率を目指します。
原材料に含まれるパーム油調査を実施し、認証品へ切り替えを進めます。
計画的に再生可能エネルギーの導入を推進します。
PRTR法対象物質の大気排出量低減を推進します。

データの取得日:2021年6月

webクロールに基づく情報の為、内容が正確でない場合があります。
削除・修正依頼はお問い合わせフォームからお知らせください。