アストマックス株式会社の社是・企業理念・SDG'sの取組み

社是・経営理念・企業理念

企業理念

当社グループは、これからの企業の社会的ニーズ、社会の変化するスピード、そして企業を取り巻く諸環境に対して、当社グループの取り組み姿勢をより明確にするため、基本理念をミッションとして「私達の未来を考える 〜すべては持続可能な社会のために〜」、ビジョンとして「変化をとらえ、進化につなげる」、バリューとして「SPIRIT of Challenge」の3構成として再構築致しました。

ミッション、ビジョン、バリュー

ミッション(企業が果たすべき使命・存在意義)
使命・存在意義であるミッションは「私達=社会の一員」であるという認識の下、持続可能な社会の実現を目指すために、絶えず未来を考え続けることが私達の使命であり、存在意義であるとの考えをしっかりと持ち続けることが重要であると考え、「私達の未来を考える 〜すべては持続可能な社会のために〜」と致しました。

ビジョン(実現を目指す、将来のありたい姿)
近未来の姿であるビジョンについては、今、必要なことは変化の波を的確にとらえ、その大きさ、方向性そして速さを認識することであるとの考えをもとに、独自性を発揮しつつ、自らも変化していかなければならないこと、そして私達の未来は変化に富み、予想しえない事象が起こりうることを認識することが重要であって、これまで以上に、「変化をとらえ、進化につなげる」企業にならなければならないとの思いを込めて定めました。

バリュー(組織の共通の価値観)
そして、私達は、変化をとらえるために必要とするバリュー(価値観)を明確にし、それらのバリューを発揮することによって変化に対応していくことができると考えました。常にチャレンジ精神を持ちバリューを発揮していくことを役職員全員がしっかりと認識することを目的に「SPIRIT of Challenge」をバリューとして掲げました。
バリューの構成要素は以下8項目です。「Speed:迅速性」「Professionalism:専門性」「Integrity:高潔な倫理観」「Responsibility:当事者意識」「Imagination:想像力」「Toughness:タフネス」「Challenge:挑戦」「Leadership:リーダーシップ」

これら「ミッション・ビジョン・バリュー」の下、当社は創業以来、培ってきたノウハウを活用し、金融事業と総合エネルギー事業を展開し、安定的な収益を確保できる事業基盤を確立し、持続的な企業価値の向上とステークホルダーに付加価値を提供することを目指しております。また、事業活動を通じ幅広い人財を育成すると共に、経済合理性と強い倫理観を併せ持った企業活動及び社会活動を行ってまいりたいと考えております。

https://www.astmax.co.jp/corp/ideal.html

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称

アストマックス株式会社

本社所在地

〒141-0022東京都品川区東五反田2丁目10番2号

代表

本多弘明

設立

2012年10月

従業員数

事業内容

法人登録番号

6010701027087

売り上げ

111億2000万円

当期純利益

1億6800万円

決算日

2019年03月

URL

https://www.astmax.co.jp/

業種・業界タグ

金融・保険  金融・保険その他 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-04-24
2019年3月期
公表日:2020-05-01
2020年3月期
公表日:2020-05-15
売上高 61億8600万円 111億2000万円 119億3200万円
営業利益 1億6600万円 1億6000万円 -1億6600万円
経常利益 -100万円 1億3000万円 -1億8500万円
純利益 1億6200万円 1億6800万円 2億4300万円
純資産又は株主資本 56億9900万円
総資産 135億2600万円
営業CF 6億6900万円
投資CF -16億9300万円
財務CF 6億6900万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。

SDG'sへの取り組み

SDG's icon No7 SDG's icon No8 SDG's icon No9 SDG's icon No11 SDG's icon No13

SDGs × ASTMAX GROUP

アストマックスグループ(再生可能エネルギー関連事業部)は、エネルギー問題、気候変動問題を中心とした環境への取り組みにより、包括的で持続可能な社会の実現に貢献します。

データの取得日:2021年6月

webクロールに基づく情報の為、内容が正確でない場合があります。
削除・修正依頼はお問い合わせフォームからお知らせください。