ジーエルサイエンス株式会社の社是・企業理念・SDG'sの取組み

社是・経営理念・企業理念

経営理念

ジーエルサイエンスグループの社員は『創立の根本精神及経営理念』を基とし、真に社会性のある企業への成長をめざします。

具体的には、「社会に対し社会性を十分発揮してその存在価値を高め、社員個々の幸福を勝ち取り、企業の維持、発展をならしめ、そこから得られた技術や利益を株主、社員、社会に公正に分配する」ことを基本理念とし、創立以来の永久スローガン【道は一つ、共に進もう】を合言葉に行動します。

企業行動方針

ジーエルサイエンスグループの社員は次の指針の下、行動します。

1.お客様からの信頼の獲得
顧客満足を第一と考え、常にお客様のニーズに見合う製品・サービスの開発・生産・提供に努めてその安全性・品質を確保し、信頼を獲得します。

2.基本的人権の尊重
一人ひとりの人権を尊重し、国内外を問わず、性別、年齢、国籍、人種、民族、宗教、信条、社会的身分、障害の有無などによる差別的取扱や言動は一切行いません。

3.倫理的行動の実践による法令および企業倫理の遵守
常に高い倫理観と良識を持って行動し、国内外を問わず、法令、社会規範、会社の諸規程および企業倫理を遵守し、いかなる場合もこれらに違反しません。

4.公正・誠実な取引の実施
同業他社とは自由で健全な競争を行い、仕入先およびお客様とは公正・誠実な取引を行います。また、知的財産権の創造・保護・活用を推進するとともに他者の権利を侵害しないよう留意します。併せて、個人情報・顧客情報の厳重な保護・管理を徹底します。

5.反社会的勢力との決別
市民活動の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは断固として対決し、関係遮断を徹底します。

6.環境問題への取り組み
地球環境問題を人類共通の課題と捉え、環境リスクと真摯に向き合い循環型社会の形成のため、主体的・積極的に行動します。事業活動遂行にあたり、省エネを積極的に推進することはもとより、最重要ミッションとして環境適合性の高い製品の開発・生産・提供を継続・推進します。

7.企業情報の開示
株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を積極的かつ公正に開示します。

https://www.gls.co.jp/company/message.html

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称

ジーエルサイエンス株式会社

本社所在地

〒160-0023東京都新宿区西新宿6丁目22番1号

代表

長見善博

設立

1968年02月

従業員数

451人

事業内容

精密機械器具製造業●ガスクロマトグラフィー/液体クロマトグラフィー 装置・部品・充填剤・分析カラム・周辺機器・前処理装置・固相●分光光度計用セル・石英加工品・半導体関連分析装置・バイオ機器●全ての関連の製造販売

法人登録番号

6011101008586

売り上げ

248億円

当期純利益

20億600万円

決算日

2019年03月

URL

http://www.gls.co.jp/

業種・業界タグ

商社 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-05-13
2019年3月期
公表日:2020-05-15
2020年3月期
公表日:2020-05-15
売上高 229億3800万円 248億円 255億3000万円
営業利益 24億1800万円 29億8800万円 27億1600万円
経常利益 25億6300万円 31億3900万円 28億2100万円
純利益 17億4700万円 20億600万円 16億3300万円
純資産又は株主資本 216億9000万円 234億8900万円 247億4200万円
総資産 294億8200万円 320億8000万円 330億9100万円
営業CF 17億4900万円 20億8800万円 22億3300万円
投資CF -17億2000万円 -12億1800万円 -15億9800万円
財務CF -1億6600万円 -3億1500万円 -1億3200万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。

SDG'sへの取り組み

SDG's icon No3

すべての人に健康と福祉を

・環境分析製品の新興国への供給拡大

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No5

ジェンダー平等を実現しよう

・積極的な女性採用
・女性が働きやすい職場の構築(くるみん)
・男性の育児休暇制度の活用推進

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No6

安全な水とトイレを世界中に

・水質分析製品の新規開発
・水質分析製品の海外への供給拡大

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No7

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

・クリーンエネルギー研究用分析機器の製造や販売

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No8

働きがいも経済成長も

・紛争鉱物に関するサプライチェーンの調査を通じ、反社会勢力・武装勢力への資金提供を回避する材料調達

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No9

産業と技術革新の基盤をつくろう

・クリーンエネルギー研究のためのガスクロマトグラフの製造と供給
・省溶媒製品を中心とした環境配慮型製品の開発
・国や先端技術研究機関への製品供給
・社内イノベーションの促進、研究力の増強

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No11

住み続けられるまちづくりを

・大気汚染物質の分析装置および消耗品の開発、分析手法の開発

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No12

つくる責任 つかう責任

・製造時の化学物質管理
・RoHS 指令に適合した資材調達の推進
・溶媒使用量を減らせる製品の開発
・製造活動に係る廃棄物削減および分別促進等

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No13

気候変動に具体的な対策を

・社内における省エネルギー活動の推進

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No17

パートナーシップで目標を達成しよう

・福島市立地企業連絡協議会の一員としてSDGs推進
・企業、大学、研究機関との共同研究推進
・WWFへの当社株式の寄付による支援(配当金の活動資金への組入れ)
・「企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)」を活用した福島市待機 児童対策への協力

データの取得日:2021年6月

webクロールに基づく情報の為、内容が正確でない場合があります。
削除・修正依頼はお問い合わせフォームからお知らせください。