オイレス工業株式会社の社是・経営理念・企業理念

社是

われわれはオイレスの名のもとにあつまった。
世界に通ずるOILESで、ともに成長しよう。
Onward
Idea
Liberty and Law
Expert
Service

経営理念、経営基本方針

経営理念
オイレスベアリングの総合メーカーとして
世界のリーダーとなり、技術で社会に貢献する

経営基本方針
1.経営の基本方針
当企業グループは『オイルレスベアリングの総合メーカーとして世界のリーダーとなり、技術で社会に貢献する』ことを経営理念としております。この経営理念は、「独創的な研究開発によって摩擦・摩耗・潤滑というコア技術を極め、これをグローバルに展開し、社会に貢献する」という創業の精神と志を、経営の基本としたものです。

ベアリング(軸受)を単なる一機械部品として位置づけるのではなく、より広い視点で“BEAR”(耐える、支える、伝える、運ぶ)するものと捉えることで、いつの時代も社会に必要とされる製品を独自の技術で生み出してきました。主力製品である『オイルレスベアリング』は、無給油あるいは給油回数を減少させる環境に配慮した要滑部材です。メンテナンスの軽減や省エネルギーにつながる機械要素部品として、自動車や建設機械、情報機器、生産設備などの機械装置にとどまらず、ダムや水門などの構造物まで極めて広範な分野で使われています。また当企業グループの事業は、オイルレスベアリングで培ったトライボロジー技術に振動を制御するダンピング技術を加えることによって、大規模地震による建物などへの被害を軽減する『免震・制震装置』や、トライボロジー技術の応用によって、火災時の安全を確保する『排煙・換気システム』へと展開され、都市機能や社会基盤の維持・発展を支えるようになりました。

当企業グループは、軸受機器・構造機器・建築機器の3つの事業を主な柱としていますが、省エネルギーを実現して環境負荷低減に貢献していることや、社会に「安心・安全」や「快適さ」を提供しているという観点から、いわば事業そのものが高い社会貢献性を持つものであり、この点にこそ当企業グループの存在意義があるものと考えております。そして当企業グループは、お客様が「世界初」「世界一」となるために必要不可欠な製品を開発し続け、社会の持続的な発展に貢献するという飽くなき挑戦を続けていきます。

2.目標とする経営指標
当企業グループは目標とすべき経営指標として(1)売上高営業利益率、(2)自己資本当期純利益率(ROE)を重視しております。(1)は本来事業により獲得する利益、(2)は資本の効率性の観点から獲得すべき利益の目標として、事業活動を推進する上での指標としております。

なお、この両指標を高めることで、企業価値向上が図れるものと考え、売上高営業利益率は15%以上、自己資本当期純利益率は10%以上を目指しております。

3.長期ビジョン及び経営戦略等
当企業グループは経営理念実現に向け次の長期ビジョンを掲げ、理想とする企業への成長を目指します。

《長期ビジョン》
・世界が求める製品と技術を通して、地球環境の保全に寄与し、「安心」「安全」「快適」を届ける企業
・トライボロジー技術(摩擦・摩耗・潤滑)とダンピング技術(振動制御)を究め、「世界に一つ」の製品を創り出す市場創造企業
・高い社会貢献性を有する事業により、社会的責任(CSR)を果たし、持続可能な社会の実現に役立つ企業

また、2021年度を起点とする中期経営計画(2021年度~2023年度)について、中期経営方針を以下のように定めてスタートさせました。計画で定めた成長目標の実現に向け、グループ全体で取り組んでまいります。

《中期経営方針》
・グローバル経営を推進し、各事業が成長目標を実現する
・選択と集中により、経営資源を有効活用し、技術力の強化と生産性を向上させる
・社員の多様性を尊重し、会社とともに成長できる環境、風土をつくる

https://www.oiles.co.jp/corporate/rinen/

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称 オイレス工業株式会社
本社所在地 〒108-0075東京都港区港南1丁目2番70号
代表 岡山俊雄
設立 1952年03月
従業員数
事業内容 要骨部機材(オイレスべアリング)の製造販売・免震、制振装置の製造、販売
法人登録番号 1010401006049
売り上げ 613億6000万円
当期純利益 37億3800万円
決算日 2019年03月
URL http://www.oiles.co.jp/
業種・業界タグ 建設  メーカー  機械  電気機器 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-05-10
2019年3月期
公表日:2020-05-26
2020年3月期
公表日:2020-05-26
売上高 590億5000万円 613億6000万円 601億6500万円
営業利益 48億3400万円 50億2800万円 47億4900万円
経常利益 52億8300万円 52億4700万円 50億7200万円
純利益 35億8300万円 37億3800万円 34億3200万円
純資産又は株主資本 588億3900万円 598億600万円 606億4200万円
総資産 726億700万円 793億1500万円 798億8700万円
営業CF 61億2600万円 38億6100万円 82億9200万円
投資CF -38億200万円 -52億9500万円 -35億4900万円
財務CF -27億5800万円 43億3200万円 -17億4400万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。

SDG'sへの取り組み

SDG's icon No8 SDG's icon No12

サプライチェーンマネジメント

サプライチェーン全体を通じた持続可能な調達の推進

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No7 SDG's icon No11 SDG's icon No13 SDG's icon No15

地球温暖化防止

2030年までにCO₂総排出量を2013年度比26.0%削減し、気候変動およびその影響の軽減に貢献

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No9 SDG's icon No11 SDG's icon No12

製品の品質・安全性の確保

製品の品質・安全性の確保に向けた取り組みの推進

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No4 SDG's icon No5 SDG's icon No8 SDG's icon No10

人権の尊重

・人権尊重への取り組みの強化に向けた従業員の意識の醸成
・2022年度末までに外国籍従業員数を対2016年度比で2倍の10名以上を目指す
・2022年度末までに女性管理職比率2.2%(3/135名)以上を目指す
・2022年度末までに女性有資格者(主事補以上)比率を対2016年度比で2倍の7.6%以上を目指す
・法定雇用率を上回る障がい者の雇用を継続

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No4 SDG's icon No8

人材の確保と育成

・人材育成による従業員の個人的能力の発揮
・グローバル人材の育成

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No3

労働安全衛生の確保

安全かつ健康的に働くことのできる職場環境の整備

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No9 SDG's icon No17

地域社会との共生・社会貢献活動

経営資源を活用した「オイレスならでは」の社会貢献活動の継続

データの取得日:2021年6月

webクロールに基づく情報の為、内容が正確でない場合があります。
削除・修正依頼はお問い合わせフォームからお知らせください。