株式会社ドリコムの社是・経営理念・企業理念

社是・経営理念・企業理念

ミッション、ビジョン、ビジョン

ミッション:with entertainment 〜人々の期待を超える〜
人々の期待を超えるサービスを産み続ける。

ドリコムは発明を産み続ける会社として、今までも、今も、これからも、人々の生活を変えるような、世の中をもっとHappyにできるような、社会の課題を解決できるような新しいものづくりにチャレンジをし続けます。

ドリコムが新しいサービスを発表するというだけで、世の中の人々の想像を掻き立て、期待に胸を膨らませ、サービスの発表を待ち望んでくれる、そんな企業を目指していきます。

with entertainmentは、ドリコムが創り出すものにはすべて、
それはサービスだけでなく、会社の活動全てを通して、そうした気持ちを持って取り組んでいくという企業理念です。

ビジョン:発明を産み続ける
発明とは「今までになかった価値を創造し、ユーザーを魅了する体験を届けること」

ユーザーとはBtoCサービスのCだけに限らず、私たちが価値を創造し、体験を届ける法人や、ドリコムで働く人たちもユーザーである。

サービスにおいては事業化前の0から1を産んだところは「発明の種」段階、事業規模が大きくなり、ビジネスとして成功して初めて「発明」と呼べる段階になる。
すべての「発明の種」が「発明」段階までいくということでは決してなく、多くの「発明の種」の中からやっと「発明」が産まれてくるものであり、そのために多くの挑戦が必要となるし、それを支える利益基盤、財務基盤が必要である。

バリュー
with entertainmentを企業理念として、発明を生み続けるために組織が共有する価値観であり、
自らの判断基準となる行動規範としてvalueを掲げます。

valueに沿った人を採用し、育成、評価していく組織作りを行っていきます。

真摯であること
真摯であるとは人として真っ当に判断して、真っ当に行動することです。

驕らない、他責にしない、恩を忘れない。
どれも当たり前のことです。道徳です。

しかし、真摯であり続けることは簡単ではありません。
正しいと信じることに対する正直さと強さが必要です。
私たちは1人でできることは限られています。
それは会社も同じで、多くの人たち、多くの会社の協力も得ることでvisionを実現できます。

そのためには私たちが、会社が、真摯であることは欠かせません。

本質を捉える
最小限の行動で最大限の結果を出し続けるためには、常に本質を捉え、ゴールに向かって日々判断行動していくことが必要不可欠です。

本質を見失い、目的ドリブンに判断をできないでいると、戦術や仕様は総花的になり、時間がかかるだけでなく、出来上がるプロダクトはコンセプトが不明瞭になってしまいます。

そのためには常に関わるプロダクトや、取り組み、活動における本質は何なのかを意識し続けるだけでなく、チームの中で共有、確認し続けることが大切です。

変化に挑戦する
発明を産み出し続けるためには新しいチャレンジをし続けることが必要不可欠です。

新しいチャレンジは、時にはうまくいかないどころか、多くの場合、失敗はつきものです。
それでもチャレンジをし続け、失敗の中から一歩でも前に進み、発明を産み出すためには、常に前を向いて、ポジティブ思考で行動をすることが大切です。

また、発明を産み出すためだけでなく、組織としてゴールに向かって最短距離で実現していくためには、常に柔軟に変化をし続けることが重要です。

https://drecom.co.jp/company/identity/

ご意見・ご感想

新たな体験を提供し、人の心動かしてくれるということはとても期待できます。そして、新たな価値を構築して魅了させる志は、いろいろ想像を掻き立てられました。もっと毎日を素敵に演出してくれるみたいで、応援したくなります。

(daeさん・30代・男性)

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称

株式会社ドリコム

本社所在地

〒153-0064東京都目黒区下目黒1丁目8番1号

代表

内藤裕紀

設立

2001年11月

従業員数

事業内容

法人登録番号

1011101050337

売り上げ

107億2000万円

当期純利益

-17億1200万円

決算日

2019年03月

URL

http://www.drecom.co.jp/

業種・業界タグ

情報・通信  サービス  サービスその他 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-05-10
2019年3月期
公表日:2020-05-14
2020年3月期
公表日:2020-05-14
売上高 131億9200万円 107億2000万円 101億5000万円
営業利益 1億9000万円 -5億7700万円 6億1700万円
経常利益 -2900万円 -13億4900万円 6億3500万円
純利益 -2億400万円 -17億1200万円 7億1100万円
純資産又は株主資本 14億2300万円 21億6800万円
総資産 69億4600万円 64億2300万円
営業CF 7800万円 6億9100万円
投資CF -1億2200万円 -1億円
財務CF -2億7100万円 -11億8800万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。