ショーボンドホールディングス株式会社の社是・企業理念・SDG'sの取組み

社是・経営理念・企業理念

企業理念、社是

企業理念
「社会資本を良好な状態で次世代に引継ぐ」との使命感のもと、
メンテナンス業界のトップランナーとしての高度な技術開発力で、
豊かで安全な社会の実現に貢献する。

社是
一、熟慮して決断
一、行動への責任
一、統一ある職場
一、社会への貢献

めざす姿

メンテナンス専業としての「使命」を果たす
化学技術と土木技術の融合により新材料・新工法を開発する「技術のショーボンド」
収益性・効率性重視の経営

行動基準

ショーボンドグループの「社是」は、1979年(昭和54年)、創立21周年の年に創業者・上田 昭によって制定されました。
その基本的精神を受け継ぎ、社員全員が実践していくべき行動基準として、「グループ行動基準」を制定しています。

社会的使命
1. お客様の満足と信頼
2. 高い技術力と品質の確保

行動への責任
3. 適正な営業活動
4. 適正な施工体制と安全の追求
5. 適正な財務処理と開示
6. 反社会的勢力の排除
7. 危機管理の徹底

統一ある職場
8. 職場環境の充実
9. 人権の尊重
10. 適材適所の徹底

社会への貢献
11. 社会との触れ合い
12. 環境保全への取り組み

https://www.sho-bondhd.jp/company/philosophy/

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称

ショーボンドホールディングス株式会社

本社所在地

〒103-0015東京都中央区日本橋箱崎町7番8号

代表

岸本達也

設立

2008年01月

従業員数

事業内容

法人登録番号

8010001135778

売り上げ

596億8200万円

当期純利益

73億100万円

決算日

2018年06月

URL

http://www.sho-bondhd.jp

業種・業界タグ

建設 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年6月期
公表日:2019-08-09
2019年6月期
公表日:2020-08-11
2020年6月期
公表日:2020-08-11
売上高 596億8200万円 608億2400万円 675億9000万円
営業利益 107億8100万円 117億2700万円 129億3000万円
経常利益 111億8700万円 121億6500万円 135億700万円
純利益 73億100万円 80億8000万円 90億500万円
純資産又は株主資本 740億9600万円 781億800万円 836億1700万円
総資産 909億7600万円 945億9500万円 1026億6700万円
営業CF 17億3400万円 45億5000万円 45億4000万円
投資CF -20億6300万円 -55億7200万円 167億7800万円
財務CF -31億4700万円 -33億1200万円 -41億7900万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。

SDG'sへの取り組み

SDG's icon No12 SDG's icon No17

組織力を活かした総合メンテナンス

あらゆる規模のあらゆるメンテナンス工程に対して、お取引先様との連携とグループ各社の総合力で対応し、社会資本整備に貢献する
・強靭なインフラの整備
・トータルメンテナンス(設計・施工・製品)での社会貢献
・労働安全衛生の確保

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No8 SDG's icon No9

技術開発を通じた生産性の向上

化学技術と土木技術の融合による新技術の開発と人材の育成を通じて、高い生産性を実現する
・社会課題に対応した技術の開発と普及
・生産性向上への取り組み
・人材の確保と育成
・健全な雇用・労使関係の維持
・経済的パフォーマンスの追求

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No16

健全なガバナンスの強化

健全で透明性の高いガバナンス構築を通じて、すべてのステークホルダーと良好な関係を維持する
・コーポレートガバナンス体制の強化
・リスクマネジメントの強化
・法令の遵守
・公正な事業慣行の実現
・情報セキュリティの確保
・知的財産権の適切な管理

データの取得日:2021年6月

SDG's icon No11 SDG's icon No13

持続可能な都市づくりへの貢献

社会資本のメンテナンス事業を通じ、環境に配慮した、持続可能な都市開発に貢献する
・持続可能な資源の利用
・プロジェクトの環境影響評価
・廃棄物の適正な管理
・気候変動への対策
・人口減少(少子高齢化)社会への対応
・持続可能な都市の開発
・顧客・消費者の安全衛生
・地域社会との関係構築

データの取得日:2021年6月

webクロールに基づく情報の為、内容が正確でない場合があります。
削除・修正依頼はお問い合わせフォームからお知らせください。