小田急電鉄株式会社の社是・経営理念・企業理念

経営理念

グループ経営理念は、経営に対する普遍的な価値観や社会に存在する意義を示した「経営理念」と、これを実現するための経営トップから社員一人一人の行動の原則ならびに各ステークホルダーに対する約束を示した「行動指針」で構成されています。ここで示された行動指針に則り日々の事業活動を推進し、経営理念を実現することで、社会とともに持続的に発展していくことが小田急グループの社会的責任です。
小田急グループは、お客さまの「かけがえのない時間(とき)」と「ゆたかなくらし」の実現に貢献します。
この経営理念は、小田急グループが社会に対して事業を通じて果たすべき役割・責任や、企業市民として社会に存在する意義を表しています。
小田急グループは、お客さまの期待に応え、お客さまに満足していただける価値ある時間や空間《かけがえのない時間(とき)》を創造・提供していくことで、お客さまの大切な時間を快適で心地よいものにするお手伝いをし、良きパートナーとして明るくしあわせな社会《ゆたかなくらし》の実現に貢献します。

行動指針

私たちは、経営理念の実現のため、3つの精神を忘れることなくお客さまに「上質と感動」を提供します。真摯 私たちは、安全・安心を基本にすべての事業を誠実に推進します。進取 私たちは、前例や慣習にとらわれず、よりよいサービスの追求に挑戦します。融和 私たちは、グループ内に留まらない外部との連携、社会・環境との共生に取り組みます。

行動指針は、私たちが日々業務に取り組むうえでの行動の原則となるものです。この行動指針に則り一人一人が担う業務を誠実に遂行することで、経営理念を実現し社会とともに持続的に発展していくことが私たちの使命です。ここで示す3つの精神は、お客さまに選ばれるための小田急ブランドを形成する不可欠な要素となります。

ご意見・ご感想

小田急電鉄は、普段から利用させて頂いているので、これからも発展していこうとしている姿勢に感心しました。そして、単なる移動手段としてでなく、私たちにかけがえのない時間を提供するパートナーとなろうとして下さっている理念に、これからもぜひ応援させていただきたいと思いました。

(はるさん・20代・女性)

客として理念を見た時にはとてもいい印象を持つことができました。しかしスタッフとしては、理念に立ち返るときに表現はわかりやすくてもだらだらと書かれているところがすっきりせずわかりにくさを感じるのではと思います。

(ゆうさん・40代・女性)

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称 小田急電鉄株式会社
本社所在地 〒151-0053東京都渋谷区代々木2丁目28番12号
代表 星野晃司
設立 1948年06月
従業員数 3726人
事業内容 鉄道事業、不動産業、事業
法人登録番号 1011001005060
売り上げ 5266億7500万円
当期純利益 324億6800万円
決算日 2019年03月
URL https://www.odakyu.jp/
業種・業界タグ 建設  運輸・倉庫関連  不動産、レンタル・リース  陸運業 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-04-26
2019年3月期
公表日:2020-05-14
2020年3月期
公表日:2020-10-30
売上高 5246億6000万円 5266億7500万円 5341億3200万円
営業利益 514億6400万円 520億8900万円 411億300万円
経常利益 478億9100万円 496億8700万円 382億9900万円
純利益 293億2800万円 324億6800万円 199億2300万円
純資産又は株主資本 3665億7700万円 3891億8000万円
総資産 1兆2944億9800万円 1兆3124億3300万円
営業CF 853億9400万円 727億3300万円
投資CF -526億8100万円 -800億9400万円
財務CF -80億9900万円 -150億8300万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。