神奈川中央交通株式会社の社是・経営理念・企業理念

経営理念

「お客さまの「かけがえのない時間とき」と「ゆたかなくらし」の実現に貢献します。」

神奈中グループが事業活動を通じて社会に対して果たすべき役割・責任や、企業市民として社会に存在する意義を表しています。 神奈中グループは、お客さまの期待に応え、お客さまに満足していただける価値ある時間や空間を創造・提供していくことで、 お客さまの大切な時間を快適で心地よいものにするお手伝いをし、良きパートナーとしてお客さまの明るくしあわせなくらしの実現に貢献します。

経営方針

・ お客さまの視点に立ち、期待に応える価値を提供します。
・ 地域の明日を考え、みなさまとともに歩みます。
・ 従業員が働くよろこびを実感できる、活気ある企業を目指します。

 経営方針に則って事業活動を行い、経営理念を実現することで、関わり合うすべてのステークホルダーの発展と、 会社の価値向上を目指してまいります。

行動指針

お客さまのために、私たちは
・ 一人ひとりが会社の顔としての自覚をもち、今日の仕事をやり遂げます。
・ 相手のことを理解し、協力して互いにとって「よりよい答え」を見つけます。
・ 何事にも信念をもって取り組み、積極的に挑戦します。

 神奈中グループの社員は、この行動指針を常に念頭において業務に従事します。 また、様々な問題に向き合った時にはこの行動指針に立ち返って何をすべきか考えます。

http://www.kanachu.co.jp/kanachu/recruitment/driver/significance.html

ご意見・ご感想

主に路線バスの運行がメインの会社であり、消費者の立場から一言で言えば、「利用することで時間を買っている」ということになります。 時間にゆとりを生む=心にゆとりができる=豊かな暮らしをはぐぐむ、と言えると思います。
よい理念と思います。

(迷えるアラフィフさん・40代・男性)

輸送業として、神奈中グループの経営理念は地に足のついた価値観を表現しています。経営方針では、乗客等や地域はもちろん、「従業員の働くよろこび」を最後の一項目に挙げた点に好感を持ちました。社員への配慮は行動指針にも表れています。輸送の現場、特にドライバーとなる方々は現場では一人で会社の顔を背負って運行されていますが、理想像だけでなく日々の仕事を着実にやり遂げる社員全員の決意を感じる内容です。

(ラスカルさん・50代・男性)

ご意見・ご感想はこちらから

削除・修正のご要望はこちらから

企業概要

名称 神奈川中央交通株式会社
本社所在地 〒254-0811神奈川県平塚市八重咲町6番18号
代表 堀康紀
設立 1921年06月
従業員数 3212人
事業内容 ・旅客自動車運送事業(バス)・不動産業・飲食、娯楽業・ホテル業
法人登録番号 6021001036307
売り上げ 1148億900万円
当期純利益 40億8900万円
決算日 2019年03月
URL http://www.kanachu.co.jp/
業種・業界タグ 建設  運輸・倉庫関連  不動産、レンタル・リース  サービス  レジャー・アミューズメント・スポーツ施設 

本データは2020年のデータを元に生成しております。

決算情報

対象のデータは存在しません。

決算期 2018年3月期
公表日:2019-04-25
2019年3月期
公表日:2020-04-24
2020年3月期
公表日:2020-10-27
売上高 1137億6300万円 1148億900万円 1127億200万円
営業利益 64億8100万円 66億600万円 53億2900万円
経常利益 64億7600万円 67億8900万円 54億7000万円
純利益 42億3600万円 40億8900万円 20億4400万円
純資産又は株主資本 557億6600万円
総資産 1495億3300万円
営業CF 99億7000万円
投資CF -59億7900万円
財務CF -38億1300万円

webクロールに基づく情報の為、情報の正確性は担保できるものではありません。
上記情報には一切の責任を負いかねます。