企業理念とは?理念を持つメリットや作り方を解説

企業理念は、会社の根本的な価値観を表すものであり非常に重要です。ですが実際のところ、企業理念の重要性(メリット)や作り方はあまり理解されていないのが現実です。

そこで今回は、企業理念の意味やビジョンとの違い、メリット、具体的な作り方をご紹介します。企業理念の重要性を学びたい方はもちろん、これから起業する方や起業したばかりの方はぜひ参考にしてください。

企業理念の意味

そもそも理念とは、「ある事柄に対して、こうあるべきであるという根本の考え」です。

つまり企業理念とは、自社のあるべき姿や一番大事にする考え方です。企業の存在意義や運営を続ける目的、行動するにあたって大切にしたい価値観などで構成されます。

企業理念は、主に会社の創業初期に経営者や重要なメンバーの間で策定されることが多いです。事業活動や意思決定の判断指針となるのはもちろん、企業の考え方を社内外の関係者に幅広く知ってもらう役割も果たします。

企業理念と経営理念・ビジョンとの違い

企業理念としばしば混同しがちな概念に、「経営理念」や「ビジョン」があります。企業理念とこれらの概念は、似ているようで全く異なるものです。

この章では、企業理念と経営理念・ビジョンの違いをそれぞれ説明します。

経営理念との違い

経営理念と企業理念の違いは、どの目線から作成したかにあります。

経営理念とは、会社を経営するにあたって、重視したい考え方や価値観などです。つまり経営理念は、「経営者個人の目線」で作成されます。時代の潮流や経営者個人の目標、根本的な価値観を基準に経営理念が作成されます。経営理念は「その時点での経営者の考え」を表すため、経営者の交代や時代の移り変わりで内容に変更が発生しやすいです。

一方で企業理念は、「社員を含めた会社全体」の視点から作成されます。会社全体の考え方を表し、経営者個人のみならず社員全体の行動指針となります。経営理念と比べると、経営者の交代や時代の変化による内容の変更は発生しにくいです。

ビジョンとの違い

ビジョンと企業理念の違いは、対象とする範囲にあります。

ビジョンとは、企業が実現したい未来を意味します。たとえば「売上高〇〇億円」という形で自社が達成したい目標はもちろん、「〇〇が普及した世界を作りたい」といった社会に対する目標もビジョンに含まれます。具体的な目標を定めることから、「経営目標」とも呼ばれます。

会社が行うすべての活動では、根本的な考え方である「企業理念」に従うのが重要です。ビジョンの策定も例外ではなく、あくまで企業理念に適合する形で具体的な目標(ビジョン)を策定する必要があります。

つまりビジョンは、企業理念の一部であると換言できます。ビジョンを描きたければ、まずは企業理念を可視化しましょう。

企業理念を持つメリット

実際のビジネスでは、企業理念の作成や活用は軽視される傾向があります。ですが実は、企業理念を持つと組織全体で多大なメリットを得られます。この章では、企業理念を持つ5つのメリットを詳しくご説明します。

1.会社全体で判断基準や価値観、方向性を分かち合える

企業理念を作ると、すべての社員に全社的に守るべき判断基準や価値観、方向性を分かち合えます。

会社で働く大半の従業員は、日々の業務で絶えず意思決定や業務の優先順位付けに追われています。あらかじめ企業理念を作って方向性や判断基準を共有しておけば、従業員は意思決定や優先順位付けを迅速に行えるようになります。その結果、会社全体で業務の生産性を高めることが可能です。

特に新規プロジェクトなど一部の業務では、意思決定のスピードが成功を左右します。こうした業務を成功させる可能性を高めたければ、企業理念を分かち合い共通の価値観や判断基準を確立しましょう。

全社共通の企業理念を共有すると、社員全員が同じ方向に向かう効果や、社員同士で共通の価値観や考え方を持つ効果にも繋がります。

2.社員の一体感を高めることができる

すべての社員が共通の認識を持てば、社員同士で仲間意識が生まれやすくなります。社員の一体感が高まると、「できない人をできる人がカバーする」とか「強みを上手く組み合わせる」といった働き方ができるようになり、売り上げの増加や生産性の向上に繋がります。また、新規事業の立ち上げや社内ベンチャーといった団結力を要するプロジェクトも、上手く進みやすくなるでしょう。

人事面から見ると、社員同士の関係性が良好になる影響で、離職率の低下やモチベーションの向上といった利点も期待できます。

3.長期的な視点で経営を推進できる

前述したとおり、企業理念は「会社があるべき姿」を明文化したものであり、これを基にビジョンや経営理念、経営戦略などが策定されます。

つまり企業理念を明らかにすれば、将来的に達成したいビジョンやビジョンを達成するための具体的な経営戦略を策定できるわけです。企業理念がクリアでないと、何を目的に、どのような企業として存続したいかが不明瞭となります。その状態では、確固たる経営戦略やビジョンを策定するのが困難となり、短期的な志向に陥りやすくなってしまいます。

企業理念は、「最終的なゴール」をクリアにする上で根幹ともなる価値観です。企業理念を策定すれば同時に最終的なゴールも明らかとなり、そこで初めて長期的な視点での経営が可能となります。

4.自社の考え方に賛同する人材を採用できる

人材採用の分野から考えると、自社の考え方に賛同してくれる人材を採用できる点が大きな利点です。

企業理念を公表せずに採用活動を行うと、相手は「どのような考えを持つ企業なのか」を判断材料とせずに入社してきます。そのため、入社後に「社風や考え方が合わない」という理由でモチベーションが低下したり、最悪の場合離職されてしまう恐れがあります。

一方で、作成した企業理念を公式ホームページ等で幅広く公表すれば、就職・転職活動をしている求職者に「どのような考え方で事業を運営する企業なのか」を知ってもらえます。そのため、最初から自社の考え方に賛同してくれる人材に厳選して採用活動を行えます。

自社の考え方に賛同している人材を採用すれば、モチベーション低下や離職のリスクを軽減できるので、採用コストを無駄にするケースを減らせるでしょう。

5.ブランド力や認知度の向上につながる

社会的に意義のある企業理念を掲げれば、取引先や顧客から信頼を獲得し、ブランド力を高めることができます。また、ユニークでインパクトのある企業理念を公表すれば、口コミやインターネット上で話題となり、自社の認知度向上にも繋がります。

ブランド力や認知度の向上は、売り上げの向上や優れた人材の獲得といった利点をもたらします。長期的な企業経営の視点から見ても、企業理念は積極的に作成すべきと言えるでしょう。

企業理念の作り方

企業理念の作り方に決まったルールはないものの、何となく作成すると自社および従業員にとって無意味な企業理念となってしまいます。

意味のある企業理念を作るには、最低でも下記3つのポイントを意識しておきましょう。

ポイント1:「一目で理解できるか?」を重視する

企業理念を作る上で、もっとも重要なのは分かりやすさです。企業理念は、経営者だけでなく社員や顧客など、あらゆる関係者に見てもらうものです。専門用語や聞き慣れないカタカナ英語を使うと一見するとカッコ良いですが、関係者に理解してもらいにくいです。

企業理念は理解されて初めてメリットをもたらすため、なるべく分かりやすい言葉だけで作るのがベストです。加えて、ただ分かりやすいだけでイメージできない内容でも意味がありません。自社がどのような姿を目指しているか、簡単にイメージできるように工夫しましょう。

ポイント2:「何をすべきか?(ミッション)」と「どのような考え方を持つか?(バリュー)」も重視する

売り上げやブランド力向上などのメリットを得るには、社員や顧客などの心に響く企業理念を作る必要があります。他人の心を動かす企業理念を作るには、「なりたい姿(ビジョン)」のみならず、「何をすべきなのか?(ミッション)」と「どのような考え方を持つか?(バリュー)」の視点も持つのが重要です。

単純にビジョンだけを表す企業理念だと、あくまで自社の考えを知ってもらうだけで心には響きにくいです。一方で自社のミッションやバリューを含む企業理念ならば、確固たる考え方にしたがって社会的に意義のある活動をしていると判断され、賛同や憧れ、応援などの感情を持ってもらいやすくなります。

賛同や憧れなどの感情を持ってもらうと、優秀な人材確保や根強いファンの獲得に繋がり、売り上げやブランド力の向上につながるのです。

ポイント3:複数の従業員を集めて作るのがベスト

企業理念は会社全体の考え方なので、経営者一人で作成するのではなく、複数の従業員と共同で作るのがベストです。経営者一人、または限られた役員2〜3人で作成すると、経営陣視点での企業理念となってしまい、従業員や顧客からの賛同を得にくいものとなる可能性があります。

一方で、あらゆる立場・業種の従業員がアイデアを出し合えば、多角的な視点から企業理念を作成できます。また、従業員を参加させると、作成した企業理念に納得・賛同を得やすいです。

ただし、あまり沢山の従業員を参加させると、案がまとまらなくなるリスクがあります。したがって最高でも10人を超えない範囲の少数精鋭で、企業理念を作成しましょう。

まとめ

会社全体で価値観を分かち合う上で、企業理念の存在は不可欠です。企業理念を作成すれば、車内全体で一体感を醸成したり、長期的な視点での経営も可能となります。加えて、顧客や取引先からの評判や認知度が高まり、業績の向上につながる可能性もあります。

上記の通り企業理念の作成には、メリットが沢山あります。ぜひ経営に携わっている方は企業理念の作成にチャレンジしていただければと思います。